最近ではインターネットを利用することによって、とっても簡単に自分の求める賃貸物件を探すことが出来ます。
最終的には担当の不動産屋に連絡をすることになりますが、その電話対応が悪かったらそこを利用するのは避けましょう。 賃貸物件を複数社の不動産屋で所有するケースもありますので、不動産屋が実施をしているキャンペーンや特典を確認しておきましょう。
部屋探しをする時には、様々な不動産会社が実施しているキャンペーン情報を確認してみるようにしましょう。

 

良い賃貸物件というのはすぐに契約されてしまうものですが、中でも3月前後は非常に競争率が高くなってしまいます。
ですのでこの時期には第一印象で心に残った賃貸物件は早めに契約を済ませておくようにしましょう。
まず最初に住みたいエリアを決めることは当然ですが、その後は雑誌などで物件を調べるよりも直接不動産屋へ出向いた方が良いでしょう。
いろいろな賃貸物件をどんどん当たっていく事で、より自分の理想の賃貸物件に辿り着くことが出来るでしょう。



■豆知識情報:不動産屋のキャンペーンに注目ブログ:21年05月06日

みなさまは
年末年始をどのように過ごされましたか?

わしは生まれて始めて、
故郷以外で正月を迎えました。

嫁とのんびり初詣をしたり、
友人たちとビールを酌み交わしたり…と、
とっても穏やか〜な時間を過ごすことができました。

それでも、二つほど
心に残る出来事がありました。

一つ目は、嫁との会話です。

嫁がテレビで、
コマーシャルを見ているときでした。

そのコマーシャルは、
まるでサンダーバードの人形みたいなのがでてきて、
「ありがとう!」「ありがとう!」と
万歳をしながら叫ぶんですよ。

嫁がこれを見ると、同じように両手を挙げて、
わしに向かって「ありがとう!」と叫ぶわけです。

まぁ、仕方なく
わしも両手を挙げながら「ありがとう!」と返すわけですが、
これを数回続けていたら、なんとなく気分が軽くなるんですよね。

嫁も「何かもやもやした気分が吹っ飛ぶ感じだわ」といいながら、
ふと気がつけば「ありがとう!」「ありがとう!」と、
お互いで言い合っています。

ただのバカップルの会話ではありますが、
真剣に何度もやっていると、
心の中のもやっとしたものがどうでもよくなったりします。

お暇でしたら、
誰かノリのいい人と何十回とやってみてくださいね。

二つ目は、実家に挨拶に行ったときです。

実家に帰ったら、
いつものように父がリビングで寝そべっていたのですが、
なんとひと月も前に骨折したというではありませんか!

わしは知らされなかったこともショックでしたが、
病院とは縁のなかった父が骨折するとはさすがに思っていなくて、
やっぱり歳をとったんだなぁ…
と実感することになりました。