賃貸物件探しで最も重要なポイントが、自分の条件を決めて、妥協出来る範囲を予め決めておくことです。
ある意味で完璧な物件は無いという考えを持って物件探しをした方が良いかもしれませんね。 賃貸情報誌には最新の情報が掲載されていると勘違いしている人も多いですが、実際のところは発売日の2〜3週間前の情報と考えてください。
このことから問い合わせをしても、すでに契約されてしまっているケースが多いのです。

 

どんなに有名賃貸情報誌だったとしても、それを参考にして賃料の相場を知るのは避けた方が良いでしょう。
実際に不動産屋へ行ってみるとあまりにも相場の違いにガッカリしてしまうこともよくある話なのです。
よく賃貸情報誌が販売されていますが、紙面という物理的な理由で全ての詳細を知ることが出来ません。
誌面が限られているというこの状況は、安くて条件の良い物件のみうを掲載してお客さんの目を引き、来店してもらうことが目的となっているのです。



■豆知識情報:情報誌の罠に注意しようブログ:21年04月26日

一週間くらい前、実家の片づけをしていたところ、
母が昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

おれの母が若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

母の若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
母の服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとするとおれには
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

おれは娘のころから、
母のそんな洋服が大好きでした。

母は仕事もしていたし、
3人の娘がいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園の運動会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
おれの大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

母とお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

母の洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁおれって母のことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
母とお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
おれは思っています。