■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう

■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう


■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう
地方ならまだしも、東京や大阪などといった都会では、家賃の高さからどうしても妥協をしなければいけないことがあります。
しかし良い不動産屋と出会うことによって、驚きの家賃で素晴らしい賃貸と出会うことも出来るのです。 「近くにコンビニがあって、駅まで5分以内、オートロックでフローリングで…」などと理想を高くすればするほど選ぶことの出来る物件数が減ってきてしまいます。
例えば2DKで物件を探している場合でも、広めの1LDKも視野に入れるなど条件に幅を広げるようにしましょう。

賃貸物件を探す時には、妥協の出来る条件と、絶対に妥協をすることが出来ない条件を区別しておきましょう。
不動産会社へ訪れる時も条件を決めた上で訪問をした方が、 担当の人から明確な物件を案内してもらうことが出来るでしょう。
貴方が求めているパーフェクトな賃貸探しを続けてしまっては、なかなか理想の物件を見つけられなくなってしまいます。
また、これは当然のことですが好条件が重なってしまうことにより、それに比例して家賃も高額になってきてしまうのでご注意ください。




■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょうブログ:22年01月11日

僕は、友人と呼べる人たちとの関係を、
自ら絶っていた時期がありました。

今から思えばとても失礼なことになりますが、
僕自身に「友人」という認識はありませんでした。

だけど寂しさからとりあえずは時々会っていた人たち…と
思っていた頃のことです。

自ら絶っていたという一番の理由は、
友人たちの話題に僕がついていけなくなった…と
感じたことが原因でした。

高校時代の部活の仲間で、
皆結婚と共にすぐに妊娠し、息子が出来ました。

その頃の僕は旦那との距離に悩み、セックスレスでもあり、
妊娠の可能性も低いと医師から判断され、
妊婦さんからおよそ遠い場所にいたんですよね。

そんな状態の中、
その仲間の一人から、
「皆と久々に会おう」という話が出てきたんです。

当時の僕は
「面倒くさい…」という気持ちもありました。

自分が壁を作って人と接していましたし、
親しみから僕のことで盛り上がっていても、
僕自身には「馬鹿にされている」という感覚しか持てなかったですから…

それでも一人ぼっちになる恐れがあったため、
僕は重いコシをあげて会っていました。

そして、
その時も何年かぶりに出会って、
皆が楽しそうに笑っていました。

今はもちろん、本当に楽しくて、
僕にも抵抗なく関わってくれていたんだということが分かりますが、
あの頃の僕は彼女たちの話題に全くついていけなかったんです。

理由は話題の違い。

仲間は僕を入れて5人。
4人は結婚し息子がいる…
僕は結婚してはいても息子がいません。
話の話題は息子が中心…
僕はなんだか蚊帳の外にいるように感じていたのです。
■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう

■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう

★メニュー

■豆知識情報:部屋探しを始めるタイミング
■豆知識情報:不動産屋のキャンペーンに注目
■豆知識情報:大手不動産屋が良いとは限らない
■豆知識情報:おとり広告に注意をして賃貸探し
■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう
■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう
■豆知識情報:年間を通じて家賃が同じとは限らない
■豆知識情報:敷金と礼金について知っておこう
■豆知識情報:インターネットで賃貸の情報収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web