今現在非常に多くの人が、賃貸を利用しており、一生賃貸のまま生活を送っている人も大勢います。
ただ当然のことですが賃貸は自分のモノにすることが出来ないので自由性に欠けるというデメリットもあります。 賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
諸々の費用を全て知っておき、初期費用として家賃の6ヶ月分は予め用意しておく必要があります。

 

もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合におきましては、家賃以外にも管理費や共益費が必要となるので無理して高額な家賃の物件を選ぶことのないようにしましょう。
部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃というのは、一般的には月収の3分の1程度と言われており、それ以上の場合には経済的に困難となってしまいます。



■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分ブログ:21年09月06日

シェイプアップしているにもかかわらず、
食後のデザートがやめられなかったり、
23時になったら、
ついついスナック菓子に手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

ボク自身、
23時、テレビを見ながら、
スナック菓子をつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかく体操を頑張ったり、食事制限に苦労していても、
日々のようにスナック菓子を食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
シェイプアップなんて成功しませんよね?

そこで、ボクは、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

肉体は快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のスナック菓子」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

13時食の後のデザートも、
ケーキやアイスなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
みなさま、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、板チョコが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
肉体に「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。